福岡県福岡市在住、41歳専業主婦です。

私が出会い系に興味を持ったのは、昨年同窓会に出席してからです。

中でも親友のA子は、とても優雅で美しく変身していたので女性の私から見ても魅力的だと感じました。

彼女に理由を聞くと

「私ね、去年から付き合っている男がいるんだ。」

「えっ!もしかしてもしかして不倫?」!

そう尋ねると、結婚してから旦那との性交渉はなく互いに男、女として見ることができなくなったとのことでした。

また、旦那さんにもいい人がいるそうで、構ってくれないことが理由で出会い系を利用したらしいのです。

魅力的で輝いている彼女をみたら私も少々焦りの気持ちがこみ上げてきました。我が家もセックスレス暦5年…女としてもう一度輝きたい。

悶々とした毎日を送る毎日、正直欲求不満でどうにかなりそうでした。私はA子に出会い系のノウハウを教えてもらい、早速登録することにしました。

出会い系にはたくさんの方が登録しており、年齢層も幅広く初めてでも安心できました。最初は遊び半分でしたが、こんな40を超えた私にでもメールの返信をこまめに送ってくる人がいました。42歳の会社員の方です。

最初はからかわれているのかもしれない…そんな不安もありましたが、何度もメールをやり取りしていく内に、とても好感が持てる人だと確信しました。

そしていよいよ会うことになりました。若い娘のような踊る気持ちになり前の日には「どんな服を着て行こう…」としきりに鏡の前に立ち浮かれた気分になりました。

そして当日、彼を一目見たとたんタイプだと思いました。出会い系は初めての経験ですが、こんな素敵な人とも巡り合うことができるんだと思いました。彼の車に乗ると、彼は私の手を握ってきました。

「会っていきなり?」そう思いましたが、体が反応して手を握られただけでジワーッと体の芯まで熱くなっていました。

「このままホテルに行ってもいい?」

彼の言葉に即答してしまいそのままホテルへ直行しました。

「少し展開が早すぎるのかもしれない、でもこんなに熱くなってしまっている。欲しい…」

自分の頭の中で色々な感情が巡っていましたが、気が付いたらホテルの部屋の中に居ました。

彼はその場で優しくファスナーをおろし、ブラの上から胸を揉みそして唇で首筋から私の感じる部分を攻めてきました。立ったままで愛撫されるのは初めてで、こんなに感じるとは思いませんでした。

私はその場で立ったまま昇天してしまい、その後ベッドの中で何度もエクスタシーの波を迎えました。

「凄い!」「感じる!」「あん!いくっ!」

大きな声で何度も叫びました。

これまでの不満が一度で吹き飛んだ気がしました。彼は私と同じく40代ですが、旦那にはないテクニックを持ち合わせています。

今ではセフレとして付き合っていますが、女としてのして真の喜びを教えてもらったと感謝しています。

女の喜びを教えてくれたセフレができた出会い系はこれ!無料で登録できるハッピーメールをチェック!!