出会い系サイトで相手を探していると、僕と同世代の40代前半の女性と知り合いました。

仙台市在住で、僕は会社員、女性は学校の教師でした。

女性は独身で、職場にいい相手もいないし、いつも帰りが遅く、知り合う機会もないと嘆いていました。

しかも、30代半ばを過ぎてから誘われることも少なくなり、寂しくなってきたと言っていたので、誘ったところ、すぐにデートの約束を取り付けました。

女性は学校のエリア内ではまずいということで、少し離れた場所で会うことになりました。

出会うなり、「今日はHはなしよ」というようなことを言い出しました。

飲食店に入り、お酒を飲みだすと、人が変わったように飲み続け、酔ってきたようでした。

「私、お酒を飲むとHしたくなってくるの・・・」

「ほら、ここ見て・・・」

奥の座敷席で飲んでいたので、周りから見えない角度でスカートの中をちらりと僕の方に見せつけてくると・・・

先ほど、トイレに行ったときにオナニーをした後が下着にくっきりと残っていました。

「今日はなしって言ったじゃないか?」

「でも・・・いいわよ・・・」

そういうので、ホテルへと向かいました。

教師はエロいといううわさを聞いたことがあったのですが、やっぱりそうでした。

ホテルの部屋に到着し、部屋に入りベットで押し倒し、マンぐり返しの体勢で、指を入れて攻め始めました。

「あぁぁぁぁ、イクっ~」

すぐに大量の潮を吹きだしました。

「先生、学生が見ていますよ~」

「もうイジワル~、早く本物頂戴~」

そういうので、マンぐり返しの体勢のまま、挿入しました。

激しく上下に動き、突きまくりました。

「ち〇ぽ、大きくて気持ちいい~、いっちゃうぅぅぅ~」

そういうと、噴水のようにハメ潮を何度も吹き続けました。

「ダメェ、もう無理ぃ~、おかしくなっちゃうぅぅぅ~」

教師は平均的な女性よりも性欲が溜まっているようでした。

とめどなく、欲望のまま、潮を吹きだしてもまだまだ物足りなさそうな顔をしていました。

俺がエロすぎる教師とヤレた出会い系はこれ!無料で登録できるハッピーメールをチェック!!