出会い系を利用している世の男性は、「もしかしたら飛び切りの美人と出会えるかも」という淡い期待を胸に秘めながらメッセージのやり取りに勤しんでいる事でしょう。

女性の当たりハズレの振り幅が大きいのも出会い系ならではの特色ですが、出来る事ならハズレはあまり引きたくありませんよね。

その一方で、奇跡的に美人と出会えることも極々稀にあります。

「何でこんな綺麗な人が出会い系なんかやってるんだ?」という疑問はさておき、やはり美人を前にすると男性は嬉しいものですよ。

ですが、僕にとっては必ずしも「美人=当たり」というわけではないのです。いやモチロン美人は好きですよ。

ですが好きでもある反面、苦手でもあるんです。何というか、緊張して気をつかい、ただそれだけで疲れてしまうからでしょう。

ましてや、僕が出会い系を利用している目的はセフレ募集です。女性とエッチな事をしたいからに他なりません。

エッチはいわば男女の裸と裸とのぶつかり合いなわけで、そこに緊張や気疲れが過度に混じったら楽しめるものも楽しめなくなると思うんですよ。

そういうわけで、僕にとっての当たりは、美人から1、2ランクダウンした準美人くらいのルックスの女性という事になります。

その準美人さんと出会って楽しいエッチをした経験もありますよ。相手の女性は32歳の香織さん(仮名)という方でOLをしているそうです。

顔のパーツで一番に目がいく部分が唇でした。唇というか口が大きいのを除けば、それ以外はかなり整った顔立ちに思えます。

言い換えれば、パーツひとつで人間の顔の印象は大きく変わるという事なのでしょう。香織さんはマスクで口元を隠せば多分美人に見えるはずです。

でも僕にとってはこれくらい(失礼)の顔立ちの方が気が楽ですね。嫌悪感を催すようなブスではなく、かといって緊張を伴うような超美人でもない、言うなれば「丁度いい」レベルなんです。

気軽にジョークも言えますし、ある程度積極的にグイグイ行けますからね。

その香織さんもエッチ目的らしく、彼氏も2年ほどいないとこぼしていました。

男日照りが続いているのかと思いきや出会い系もそこそこ利用しているらしく、完全な出会い系初心者というわけではないようです。

まあ僕としてもその方がやり易いので助かります。変に身構えていない分、ラブホにも誘いやすいので。

香織さんは何というかよく笑う人でした。会話の中で好感の持てる笑顔をたくさん見せる女性です。

こういった部分も相手との距離を詰めやすくなるので、こちらとしては非常にありがたいですね。凛として澄ました女性が相手だと、踏み込むのにも一苦労ですから。

香織さんとのエッチもまた楽しいものでした。

初対面の相手とのエッチはどうしても遠慮が伴い、やりたいプレイが出来なくて消化不良といったケースもありますが、準美人の香織さんには僕の好みのプレイや性癖をポンポン伝えることが出来たからです。

例えば「ちんぐり返しされて裏筋やタマを舐められたい」とか、「ち〇ぽに頬ずりしてほしい」とか、美人が相手だったら気後れして絶対にお願いできない様な事もストレートに頼めました。

香織さんもエッチに関しては自分の好みのプレイスタイルをハッキリと主張するタイプらしく、脇やアナルを舐めて欲しいといった要求も遠慮なくする人でしたね。

やはりエッチはお互いの欲求をどこまで押し出せるかでその楽しさの度合いが深まると思います。

僕の好きなプレイのひとつに馬乗りフェラがあります。これは女性の顔面に男性がまたがる形でフェラをしてもらうものですが、これが視覚的にも快感なんですよ。

自分のペニスのすぐ真下に女性の顔があるわけですが、さながら相手を屈服させているかのようなS要素も加味されて、通常のフェラよりも興奮してしまうんです。

このプレイも香織さんにお願いしたらあっさりOKしてくれました。

香織さんの大きな口が僕のペニスを頬張り、僕はそれを真上から見下ろすといった構図です。

「んぐ、んぐ」とフェラに勤しむ香織さんはここでも笑顔です。

それを契機に僕の中で何かのスイッチが入りました。僕は彼女の顔に竿やタマをこすりつけたのです。

普通だったらこんな事絶対出来ませんよ。女性にしてもさすがにこれはNGという人もいるでしょうね。

ですが香織さんは「むぶおぉ」という奇声を発しながらも舐めるのを止めません。僕のタマ袋に顔を圧迫されながらも、彼女の舌先がチロチロ動くのです。

これがこの日のエッチで最も興奮した瞬間でした。こんなプレイをしたのは後にも先にも香織さんただひとりです。

「ち〇ぽ好きなの?」

「好きぃ、ち〇ぽ好きぃ」

と、いつしか淫語合戦にシフトしていましたね。美人相手だったらとても口に出来ないセリフです。

挿入時にも香織さんは妙に僕を興奮させてくれました。ピストンの最中、彼女は舌を突きだすんですよ。

香織さんの大きな口から覗く舌がレロレロと小刻みに揺れ、まるで僕に「吸って欲しい」と嘆願しているように見えました。

ええ、もちろんむしゃぶりつきましたよ。香織さんの舌を吸いながらのフィニッシュです。メチャクチャ興奮しましたね。

で、事後の余韻も徐々に冷めてくると、僕らはお互いに苦笑しました。ふたりともエッチの最中はオーバーヒートしていたのでしょう。

「なんだか私たち変態みたいだね」と香織さんは笑いながら言いました。

この笑顔が妙にエロかったです。美人じゃないのに美人に見えるというか・・・。

ともかく、香織さんとのエッチはいつも以上に興奮してとても楽しかったです。彼女の人柄も良かったですね。

個人的に、こういう女性が出会い系における当たりなのだと思います

調度いい美人具合の彼女に馬乗りフェラ!無料で登録できるハッピーメールをチェック!!