凄かったなぁ……。

家に帰る電車の中で、そんな言葉が何度も出ては思わず顔がにやけて股間が疼いてしまいます。

何が凄かったかというとですね、今回PCMAXで出逢った22歳のサオリちゃんです。

フリーターでパチンコ店でバイト生活の傍らでダンサー志望という事で、派手目な金髪に引き締まった身体は、一目見た時からエロさがありました。

別に露出が多いわけでは無かったんですよ。むしろ、黒いジャージのセットアップにスニーカーなんて言う、色気も何も普通は無いような恰好だったんですけど……それでも滲み出るものがありましたね。

この日は夕方に新宿で待ち合わせをしていました。

まさかそんな恰好で来ると思わなかったので、声を掛けられた時は逆ナンか? なんて喜んだのですが、既にアポを取った人でした(笑)

でもね、正直めちゃめちゃ怖かったです。一言にしたらギャルですよ。ヤンキーと紙一重じゃないですか、正直。

「サイトの人?」

なんて気軽に声掛けてくるものだから、ついつい「うん」なんて言ってそのままサオリちゃんが歩くのに合わせて歩き始めてしまったんです。

そして、そのまま何の前触れもなくホテルに行きました。というのも、即会い希望でこの日にアポを取ったんです。つまり、やる気満々なわけですね、サオリちゃんは。

Sっ気が明らかに強そうなので、僕は少々気構えが必要だったんですよ。AVとかね、多いじゃないですか。ドSのギャルもの。

例に漏れずそういう感じなのかな~とか思いながら部屋に入ると、冷蔵庫を開けて言うんですよ。

「今日暑いしさ~、ビールで良い?」

「あぁ……そうしようか」って人にビールを勧めておいて自分はお茶を飲んでるんですよね。

「飲まないの?ビール」

「酒ダメなんだよねー。あ、煙草も吸うなら吸って良いよ」

どうやら、見た目に反して酒も煙草もダメなようでした。

話してみると、ここで初めてダンサー志望という事を知り、夢の為に地方から上京して頑張っているという意外と真面目な子でしたね。

そんなサオリちゃんも、性欲には勝てず、即会い希望でサイトを利用したととの事で、話も一段落した所でシャワーに行きました。

全体的に引き締まった身体にBカップの身体は、スレンダーというよりも腹筋なんかは薄っすら割れていたりするしその肢体はダンスの為に鍛えられたものです。

基本的にフレンドリーながらも、やっぱりそのS感が怖いのであまり手を出せずにそのままお風呂から出てしまったのですが、服も着ずにバスタオル一枚を巻いたサオリちゃんはベッドに座る僕の隣に座り、キスをして来ました。

それがまた濃厚で、まさに舌先すらも踊るように絡みついてくるので、あっという間にギンギンになってしまい、舌先を踊らされている一方でしごかれ始めていました。

サオリちゃんはSじゃないです。Hです。完全に楽しんでいる目をしていました。そもそも即会い希望でホテルに直行するんだから溜まっているのでしょう。

「ヤバくない? すっごい固いじゃん」

「挿れてみる? 気持ちいいかもよ」

そのまま押し倒されて、騎乗位で彼女は僕のブツをもう我慢の限界を超えたようなアソコで飲み込みました。

本領発揮はそこからです。

出会い系サイトで決して少なくない数の子と遊んで来ましたが、こんな腰使いしてくる人はいませんでした。

ダンサーの腰使いは本当にヤバいです!

嬲り殺しにされるかのように、一方的に楽しみながらも、サオリちゃんのピンと立った乳首や胸を揉みながら必死に抵抗しましたが、あえなくイかされました。

まるでディルドにでもなった気分でしたね。

そんなほぼ何もさせて貰えなかったHを終えて、宿泊せずに帰ったもので、その余韻が残ったまま電車に乗っているのでした。

ちなみに、サオリちゃんは凄く淡白に、コトが済むと満足そうに服を着て、まるでお茶でもしに来たかのように「じゃ、帰ろっか」と言ってホテルの前で別れました。

H大好きなダンサー志望のフリーターとヤレた出会い系はこれ!無料で登録できるハッピーメールをチェック!!