私が彼女と出会い系で知り合ったのは27歳の頃でした。

結婚して9年目で、妻とのSEXは週に2回程度はありましたが…正直妻の身体に飽き始めていました。

やはり昔遊んでいた癖がなかなか抜けませんでした。

そういうモヤモヤした気持ちが全開になるといつも利用している出会い系のハッピーメールでそこそこ可愛いくて即ハメ出来る女性を探していました。

そんなモヤモヤしながら現場仕事をしていた時のお昼休みでした。スマホのメール着信が鳴ったので開いて見ると…

「初めまして!写メ見たよ!可愛いイケ男だね。私、人妻だけど…今日ダンナ出張で居ないから…良かったら私の家で夜遊ぼ?こんな私で良かったらLINE待ってるね」という内容だったので早速彼女の写メを見ました。

思わず土屋太鳳にそっくりだったのでビックリしましたが…騙されるのを覚悟してLINEで

「ありがとう。〇〇こそ可愛いってかキレイじゃん。じゃあどうすれば良い?」

「そんな事ないよ。じゃあ〇〇ニュータウンの近くのセブンで19に待ち合わせっていう事で。着いたらまたLINEして。お仕事頑張ってね」

騙されているとは思いつつも少しの希望を持って仕事をせっせと片付け、当時乗っていた白のカスタムカマロで爆音を轟かせて約束の19時ジャストに待ち合わせのコンビニに着きました。

今、白のカマロでセブン着いたよ。何処?」と送ると

「うん。お店からバッチリ見えてるよ。じゃあ今からカマロちゃんに乗りに行くから待っててね」ときたので…ハズレじゃ無い事を願って待っていました。

すると右ドアが開いて本当に写メよりもキレイな土屋太鳳似の彼女が乗って来ました。

彼女は156センチの45キロのEカップでした。私的にはちょっと太めにも感じましたが…一般的にはナイスバディです。

髪は黒の腰ぐらいの前髪ありのストレートロングでキューティクルが半端なかったです。顔はほぼ土屋太鳳ですがもうちょいキレイにした感じで誰が見ても美人だと思います。ちょっと透け感のある真っ白なワンピースが逆にエロく感じました。

彼女を見て初めて騙された感から解放されました。

「やっぱイケ男だね。しかもウチのダンナと違って職人さんだからマッチョだし…」

と言いながら私の胸や腕を触ってきました。そしていきなり私に抱きつくと

「じゃあここから家近いから…静かに走ってお家行こ!」と言われたので彼女の指示通りゆっくりなるべくアクセルを踏まない状態で彼女の自宅前の駐車場に止めて彼女とともに彼女のマイホームにお邪魔しました。

そして彼女に案内されるがまま居間に案内されてソファに座りました。すると今度は

「お腹空いたよね?ちょっと待っててね」と言いキッチンで何かを作り始めました。

私はソファでくつろぎながらTVを見ていました。普段は彼女のダンナが座っていると思うとなんか興奮しました。そしてレストランかと思うくらい豪華な食事がテーブルに並びました。

その後は彼女と対面で座りながらお互いのダンナやカミさんの事などや共通のアーティストの話などで盛り上がりながら2時間くらいかかって遅い夕食を食べました。

そして2人でソファに座ってTVを見ていると…彼女がいきなり私のチンコをズボンの上から撫でて来ました。

「ウチのダンナより全然大きいんだけど…ヤバイね」と言いながら私の唇に舌を絡めて来ました。

私も舌を絡めながら彼女のワンピースの背中のチャックを下ろしてキレイなグリーンのエロブラのホックを外しました。キレイでハリのある乳首も乳輪も大きなピンクオッパイを片手で揉みまくりました。

すると彼女は私のズボンのベルトを外してパンツとともにずらして私をソファに座らせたまま上半身だけうつ伏せになって私のチンコを片手で玉揉みしながら激しく喉奥までディープフェラやパイずりをその可愛い顔で一生懸命してくれました。

10分もされるとイキそうになったので「精子飲める?」と聞くと「うん!だから出していいよ」と言い更に激しくフェラされて…彼女の口内に大気解放しました。

彼女は私がイッてピクピクしているチンコを更に舐めてキレイにしてくれました。そして今度は私の番です。

私は自分で全裸になり彼女を抱きしめてディープキスをした後、中途半端になっていた服を全部脱がせてブラとセットのエロパンも脱がせました。

毛の量は多かったですがマンコ周りはきちんと処理してあったのでキレイでした。

マンコ自体はそれなりに使い込まれている感はありましたがビラも無くキレイなピンクマンコでした。もうパンツにはシミが付いていました。

そして彼女をソファに体育座りで座らせようとすると彼女が「ちょっと待って」と言い奥の部屋に裸のまま消えました。

数分するとゴムを持ってきてその1つをキッチンにあった先ほどの手料理にも入っていた極太イボきゅうりにはめて…

「これでイジって」と言い自らソファに座って足をM字開脚させて私の手にきゅうりを握らせて彼女は自分の手で乳首とクリをイジり始め喘ぎ始めました。

最初は「あ~ん」だったのが私がきゅうりでマンコを激しく突きまくると5分くらいで「あっあっ」とどんどん激しく大きくなって「イッちゃう」という喘ぎと一緒にきゅうりを抜くと…テーブルの上がビチャビチャになるくらい勢いのある潮を吹きました。

彼女はマンコとアナルをピクピクさせながら恥ずかしいそうに…「イッちゃった!」と言い満足げなアヘ顔でしばらく余韻に浸っていました。

そして今度はその体勢のまま彼女の口にチンコを押し込んで長い髪を掴みながら自ら腰を振ってチンコが大きくなるまでディープフェラをしてもらいました。

彼女は目に涙を溜めながらも喉奥でがっちり私のチンコを受け止めてくれました。

そして私もいい感じになってきたので彼女の両足かかどを両手で持って更にまんぐりさせてから一気にビチョビチョのマンコに突っ込んでひたすら休む事無く激しく奥まで突きまくりました。

20分も突きまくると私も彼女もイキそうになったので…先に彼女をイカせてからまたピストンして彼女の顔に顔射でフィニッシュしました。

その後、きちんと彼女の顔とマンコをティッシュで拭いてキレイにしてあげました。

彼女は「やっぱりたまには違う優しいイケ男に抱かれないとダメだね」と笑いながら私にそっとディープキスしてくれました。
彼女とはこの1夜限りでしたが…きゅうりバイブは初めてだったので…

こんなキレイで可愛い女性がまさかのドスケベだったので…いい意味で変態SEXでした。

淫乱28歳美人人妻とヤレた出会い系は無料で登録できるハッピーメール!!