私が彼女と出会い系で知り合ったのは20歳の頃でした。

結婚して2年目、毎晩激しいSEXで妻を満足させていましたが、やはり私自身が他の女性ともSEXせずにはいられない禁断症状が出始めました。

またこの時期はナンパもクラブでのひっかけもことごとく失敗しまくっていました。

そうなるとやはり簡単にひっかけられて即ハメ出来るいつも利用している出会い系のハッピーメールで漁るに限ります。

さすがに自宅では出来ないので仕事の休憩時間を使ってはいつも美女がいないか出会い系で検索しまくっていました。そんなある日の休憩時間でした。

いつものようにタバコをふかしながら女のコを見ていると…藤田ニコルそっくりの年上女性を発見しました。

早速「初めまして!今、仕事中なんだけどあまりにも可愛いかったので…出来れば今日の仕事終わりで会ってみたいなと思ってメッセージ送りました。写メ見て気になったらLINE下さい。」と送るとそれから2時間くらいして

「ごめん。返事遅くなっちゃった…写メ見たよ。普通にイケ男じゃん。私も今、仕事中だから!じゃあ20時に私の会社の近くのファミマも駐車場で待っててね。着いたらまたLINEして。会えるの楽しみにしてるね」

ときたので、仕事をペースアップして片ずけて何とか19時半には愛車で事務所を出て何とか20時には待ち合わせのファミマに着きました。

着いたので「今着いたよ!黒のC1500だから乗ってきて」と送ると店内からちょっとヤンキーが入っている茶髪のロングの女性がこちらに歩いてきて右側のドアを開けて乗ってきました。

ルックスは165センチの43キロのDカップなのでスタイルは完璧だと思いました。

髪は腰くらいまでのワンレンストレートでブリーチで結構明るめのブラウンにしてありましたが、枝毛もなくてきちんと手入れしてありました。

顔はまんまニコルんでしたがハーフではなくて純血だと言っていたので若干ビックリしました。

服は上がかなり大きめのVネックのベージュ色のセーターに黒のスキニーパンツに黒のパンプスといった感じのちょっとヤンキーが入っている服装でしたが、かがんだ時に見えた黒ブラとキレイな谷間が見えて思わずその場でハメたくなってしまいました。

彼女は「やっぱ会い来て良かった!写メよりもイケてるし。でもやっぱイケメンだね。20歳でアメ車乗ってるし結婚もして子供もいるし…奥さん羨ましいなぁ~。取っちゃおうかな~」と言って私を抱きしめると長くてエロい舌を絡めて激しくキスしてきました。

私も我慢出来なくなって片手でセーターの中のおっぱいをブラ上から大きな乳首を摘んで指でコロコロして全立ちさせました。

その勢いでマンコに手を伸ばそうとすると「やっぱエロメンは手も早いし上手いよね!じゃあお金全部出してあげるからコンビニで買い物してからラブホで過ごそ。レッツゴー」

と言われたのでドロドロ音をさせながら目的地のラブホに向かって走り始めました。

途中で彼女がセブンが良いと言ったのでセブンに入って2人で仲良く手を繋いで入店して彼女は私が食べたい物を全て買ってくれました。

仕事帰りでお腹が空いていた事もあったので結局2人分の会計で1万超えてしまいました。それでも彼女は文句1つ言わずにクレジットで支払いました。さすがダンプ屋のお嬢様だなと思いました。

そしてクルマに買い物袋を積んで再び走って目的のちょっと高めの大人のラブホにインしました。

あまりにも買いすぎたので先に彼女に部屋に入ってもらって扉を抑えてもらって2往復して買い物袋を室内に運びました。

するときちんとテーブルの上にキレイに並べてくれていて割り箸も全て準備してあって私がソファに座ると全て彼女が箸やスプーンで食べさせてくれました。思わず子供になった気分でした。

そしてデザートは2人で仲良く食べあいっこしてトークもしながら2時間くらい食事タイムをしました。すると今度は私の手を引っ張って浴室に連れて行かれて服を全て脱がしてくれてフルチンにしました。

私のチンコを見るなり「いっぱいエッチしたでしょ?途中まで色違うしね。しかもデカいし」と言って1度だけ根元まで咥えてくれて「美味しい」と言いました。

今度は私が彼女の服やブラパンを全て脱がせて全裸にしました。彼女の体は本当に血管が見えそうなくらい真っ白で鎖骨や肋骨はくっきりと浮き出ていましたしウエストがめちゃ細かったです。

オッパイも張りのある乳首や乳輪も大きくてピンクに近いベージュでした。マンコもビラも一切無くて全然使ってないキレイなピンクマンコでした。

毛の処理もマンコとアナル周りはきちんと処理してありました。もちろんアナルは未使用でした。

彼女が食事中にきちんと溜めておいてくれたお風呂に2人で仲良く入りました。

最初は彼女が私の頭や体をスケベ椅子に座らせてアナルまでキレイに洗ってくれたので今度は彼女をスケベ椅子に座らせて体をボディソープをいっぱいつけて特に胸とマンコとアナルは彼女が喘いでしまうくらい丁寧にエロく洗ってあげました。

思わず興奮してしまって気が付くとチンコが全開に立っていました。

彼女はそれを見るなり「じゃあ出してあげるね」と言ってバスタブのお湯を抜いて減らすと私の腰を浮かせてバスタブに足をひっかけさせて彼女がその状態で膝立ちしながら片手で玉揉みをしながらもう片手でチンコをひねりジュパジュパ音を立てながら10分くらい休まずにディープフェラをしてくれました。

さすがにイキそうになったので「もうダメ」と言うと今度は乳首に亀頭の裏スジを擦って当てながら手コキで胸にかけて出してくれました。

出した後はまたフェラで大きくなるまでフェラしてくれました。

本当はベットでしようと思ったいたのですがさすがに我慢が出来なくなったので今度は彼女をバスタブの端を掴ませて股全開きの四つん這いにさせて、

そのキレイなマンコを舌と指を使ってクンニでGスポ攻めを始めると彼女の喘ぎ声が浴室に響きまくりました。

更に指攻めで膨らんだGスポをこねくり回しながらもう片手でそのキレイなオッパイを揉んであげると「もうイッちゃう」と言ったので指を抜くとバスタブにオシッコのように勢いよく潮吹きしました。

続けざまにその体勢でマンコに彼女の欲しがっていたチンコを一気に奥まで挿れると「すごい!イイッ」と言ってさっきよりも大きな声で喘ぎ始めました。

猛ピストンでノンストップで激しく振りまくると彼女が、

「もっともっと」と言ったので彼女に覆い被さりバスタブの手すりに両足をかけて中腰バックで両手で胸を掴みながらまた激しくピストンすると「イク」と言ってマンコとアナルをピクピクさせてチンコにクリームをいっぱい付けました。

私もイキそうだったので彼女の顔にクリームチンコを持って行くとアヘ顔でまたしゃぶってくれたので彼女の小さな頭を両手で掴んで自ら腰を振って最後は手でシゴいて彼女の顔に顔射でイキました。

その後はまた2人でゆっくりお風呂に入ってまた2人で仲良く身体や頭を洗ってお互いの体も拭きあいっこして髪も仲良く乾かしてから一緒に全裸でベットに入って彼女に腕枕をしてそのままその日はお泊りしました。

翌日ふと目が覚めるとまた彼女が私のチンコをしゃぶって大きくしていたのでバックで激しく突いて彼女をイカせてから初アナルに浅く挿れて激しくピストンしてアナル中出ししてからそのまま自宅に戻らず彼女も私も会社に行きました。

その後は週1で彼女と会って彼女の愛人になって6ヶ月間で200万くらい貢いでもらいましたがあまりにもしつこくなって結婚を迫られたのである日を境に一切合わなくなりました。

やっぱ金持ちの美女はやめられません。良い女でした。

金持ちの美女とヤレた出会い系は無料登録できるハッピーメール!!